借金するなら闇金かを見極めてから

お世話になった看護師長さん

私の子供が生まれつき病気があり、しょっちゅう病院のお世話になっています。何度か入院もしたことがあるのですが、1歳になるかならないかのころに高熱が続いて2週間ほど入院した時のある看護師さんのことがすごく印象に残っています。迷っているアナタに札幌市 看護師求人お役立ち情報です!

 

子どもは高熱が続いて、みるくや母乳も殆ど飲めずにいて、いつもと環境が違ったこともあるかもしれませんが、不機嫌でずっと泣き続けて寝てくれませんでした。抱っこをしていると安心するようで泣き止んで寝るのですが、鼻水が詰まってすぐに起きてしまって再び泣き出す、こんなことを繰り返していたもんですから、担当の看護師さんに、他の患者さんに迷惑ですのでこちらの部屋へ行って寝かしつけて下さい、ときつく言われてしまいました。必見です!新潟市 看護師求人を調べてみよう!

 

なんとか鼻水を吸うのですが上手に吸い切れていないみたいですぐにまた詰まってしまいます。それをちょうど部屋を覗いてくれてみていたベテラン風の看護師さんが、「お母さん大変だよね。鼻水吸うときはこうやるのよ。」と片方の鼻の穴を塞ぎ吸引してくれました。するとみるみる鼻水が出てくるではありませんか。こちらの情報が熊本市 看護師求人おススメです!

 

その後、鼻の通りが良くなった子どもはスヤスヤと眠ってくれました。あとで、病棟の壁に貼ってあるスタッフ紹介の写真を見たら、そのベテラン風看護師さんは看護師長さんでした。やっぱりね、と思いました。

 

子どもは4歳になりましたが、今でも鼻水が詰まるとあの時看護師長さんに教えてもらったやり方で吸引しています。あの時の看護師長さんお世話になりました。ありがとうございます。