借金するなら闇金かを見極めてから

UEFAチャンピオンズリーグの創設に迫る

UEFAチャンピオンズリーグは欧州クラブチームにおける最も権威ある国際大会であり各国リーグ戦の上位クラブが総登場することから世界中のサポーターからも注目を集める大会の一つです。
世界各国から集まったエース級の選手が集中する現在の欧州サッカーにおいては、UEFAチャンピオンズリーグは実質、世界一レベルの高いクラブを決める大会となっています。FIFAワールドカップと並んで世界中のサッカー選手が憧れる大会でもあり栄光を手にするためのレベルの高いリーグ(大会)なのです。
世界中の現役サッカー選手が憧れる夢の舞台『UEFAチャンピオンズリーグ』、1955年に設立したこのリーグはどうやって誕生したのか気になったことはありませんか?
そこで、今回はUEFAチャンピオンズリーグの創設秘話に迫ります。
この大会は1955年に、フランスのスポーツ誌レキップの記者だったガブリエル・アノの提案によって始まったリーグです。彼は17歳でトゥールコワンFCの選手としてプロデビューしました。さらにフランス代表では1908年〜1919年に渡って、フランス代表草創期のフルバックとして活躍した中心人物です。
当時はまだ第一次世界大戦勃発前のことです。しかし、数々の活躍をしてきたガブリエル・アノですが、彼の人生を大きく転換するときが訪れます。
1919年に自家用機を操縦に航空事故を起こし、負傷したきっかけでキャリアに終止符を打ちジャーナリストに転身したのです。
1955年に同僚のジャック・フェランと共にUEFAチャンピオンズリーグを提案し、創設にこぎ着けました。
いかがだったでしょうか?
UEFAチャンピオンズリーグは一人の元プロサッカー選手が提案した企画であり、
その企画がヒットしこれほどまでの世界的に威厳のある大会に変貌したのです。
お探しのサイトはコチラブックメーカー←になりますので是非ご覧ください!